万葉(食堂?)

P1010357_320.jpg
鹿児島県大島郡天城町大字平土野(へとの)27-9
0997-85-2515


店舗広さ ★★★★★
陳列密度 ★☆
店舗熱意 


徳之島出張中に、「なんか食べる店ないですか」と聞いて、言われた店がここ。住んでたのは亀津だったんですけど。まったく島の反対側なんですけど。
入り口からなんか物々しい、というか、統制の取れてない雰囲気だなあ。 そんなところが島っぽいといえば島っぽい。

どうやら徳之島の住人は、あまり細かいことを気にしないらしい。店なのにのれんが出ていなかろうが、窓ガラスが曇っていようが、椅子が使い込まれてガビガ ビだろうが、あまり問題ないのだ。小奇麗な店は、島外から来て居ついた人か、ファミレスのようなチェーン店だ。

玄関(「入り口」というより「玄関」といった方がしっくり来るよね!)を開けると、左側のちょっとしたバーのような部屋に通される。ちなみに右側は宴会が出来そうな大広間だった。

DSC00050_320.jpg

メニューを立てている同行者。

実は、このテーブル、ゲーム筐体だ。テーブルクロスでよくわからないが、たぶんもう動かないだろう麻雀筐体をそのまま使っている。ちょっと食事をするには高さが合わない。
徳之島の住人は、あまり細かいことを気にしないらしい。

この手作り感溢れるメニューも、よくがんばったな、ワードで作ったのかな、なんて考えてしまう。
さて、メニューのラインナップを見てみよう。

DSC00050_.jpg

カレーが幅広い。そんなカレーの中に刺身定食もあり、まあ海辺だから魚は採れるだろうけど一抹の不安がよぎる。
そしてビーフステーキとすき焼き、餃子まで提供するとは。
まったく使いまわせそうにないメニューを見て、在庫コスト高そうだな、などと余計な心配をしてしまう。

……ん?

……なんだ、これは。

↓これ

DSC00051_.jpg


オレンgj-ス 300円
シクわサー 300円


文字化けしとる!(タイプミスだって)

徳之島の住人は、あまり細かいことを気にしないらしい(大事なことなので3回目)。
しかし、これ、80歳のばあちゃんが注文しようとしたら、読めないぞ。

2ヶ月も住んでいると、すっかりこちらの価値観に順応してしまって、カリカリした都会の生活がバカバカしくなってくるから、人間とは不思議なものだ。


<総評>

お気に入り度 ★★
リピート度 ★(島に行ったら寄るかも)




大きな地図で見る



ルイーダの酒場(飲み屋)

01.jpg

02.jpg

公式サイト: http://www.paselabo.tv/luidas_bar/index.html


店舗広さ ★★☆
陳列密度 ★★☆
店舗熱意 ★
★★★


ルイーダの酒場に行ってきた。
といっても、行ったのは去年なので、今はだいぶメニューも変わっているようだ。2010.2月時点のレビュー。

完全予約制で、整理券配布方式。
640_DSC03571.jpg

 

DQプレイヤーなら、右側のタルを見て、放り投げるか覗き込むかの二択。

入り口から覗き込む同行者


640_DSC03577.jpg


整理券を手に入れた。
あまりに早く着きすぎて誰もいなかったので、油断してドンキとか行ってたら人だかりになっていて、更に待つ羽目に…… (((´・ω・`)
640_DSC03590.jpg




640_DSC03592.jpg

 

前の整理券組が入場している間にメニューを渡される。
んー、やっぱりベギラマテキーラかな。

入場。ようつべより雰囲気をどうぞ。


BGMも聞きなれた感じだけど、ちょっとアレンジしてある。



こんなのに欲しいだけ数を書いてカウンターに出しに行く方式。
640_DSC03599.jpg

 

では、実写でメニューを。
ちなみに、行ったときは4人パーティだったが、たかだか1時間ちょっとの制限時間での飲み食いは厳しい。
本気で食ってやるぞ、くらいの勢いでないと、メニューを堪能できない。

640_DSC03602.jpg


ネネのお弁当プレート

うん、ものは言いようだな、という一品。


640_DSC03603.jpg

 

スライム肉まん。ここの売りのひとつじゃないだろうか。しかし、1個350円はお高い。
そのお高い肉まんをなぜ3つも頼んだのかといえば、

640_DSC03606.jpg

 

これをやるため。
ルイーダ見習いの店員に「わー、タワーになってる!」と言われ、その反応にみんなで満足する。

640_DSC03604.jpg


ロトのしるしクッキー

ロトの型に切り抜いてから焼くんでしょうね。

640_DSC03614.jpg

 

左の青いの……ヒャドクール(ジン+グリーンアップル+ブルーキュラソー+アップル)
真ん中のピンクの……世界中のしずく(ローズ+ハイビスカス+コラーゲン)
右の赤いの……セクシービーム(スパークリングワイン+クランベリー+グレナデン)
奥の肉……ギガンテスのこん棒(食べづらい。七面鳥のモモ肉のようです)

04.jpg

 

女神の果実。普通においしかった。再現度も素敵。

05.jpg

 

ホイミティー、ベホイミチャイ、キアリー茶

06.jpg

 

エルフの飲み薬。MPがないので飲んでも回復しません。

640_DSC03618.jpg

カウンターに飾られているロトグッズ

07.jpg

外売りのスライムたち

640_DSC03585.jpg

店内に飾られている天空の剣。実寸なのか? しかし、こんなに柄が細かったら持ちづらいだろう。

640_DSC03610.jpg

トイレ入り口にもロトのしるしが。

08.jpg

消毒液に「聖水」の文字。

640_DSC03613.jpg

出口のマットもちゃんと作ってある。

---
まず、椅子がなく、立ち飲みという環境で、1時間以上、というのもかなり厳しい。
たまたま、立ち仕事に慣れている薬剤師パーティだったのでなんともなかったが、座れないのは厳しいかも。

せっかく行ったら、モンスターの名前や呪文が冠されたメニューを色々堪能したいもの。
だが、それぞれがっつり食べなければならないし、飲まなければならない。一人二人での参加だと、一度ではメニューを堪能できないだろう。

店内で擦れ違い設定をしたりして、交流が盛んなのだが、上記の理由でがつがつ食べなければならないため、マルチプレイなんてする余裕はない。


<総評>

お気に入り度 ★★★★
リピート度 ★

一度行けば、いいかな、と思う。
そろそろ一年経つので、また行ってもいいかな。



大きな地図で見る



横山商店 (玩具卸問屋)

DSC05017.JPG

すてきな駄菓子屋を見つけた。
玩具卸問屋、と銘打っているが、小売りもやっていて、普通の人もふらっと店に入ることができる。

ラインナップは、 駄菓子屋においてあった玩具、がメインだろう。ブリキおもちゃや、ゴム駆動プロペラ飛行機、ベーゴマに引きものの20円シール、スーパーボールくじ、プラモデル、と充実している。おもちゃだけでなく、もちろん駄菓子も置いてある。

特筆すべきは、古いものが置いてある、ということ。
「東京なんかじゃ、もっと高く売ってるんだけどねえ」
と話す店主。
でも、引き物の20円くじの相場が1,000円、と、きっちり値上がっている(20円×30本なので、定価は600円)。

こういうの好きだなあ、と、20円くじを眺めていると、全部奥のまでひょいひょい出してくれて、やたら購買意欲を誘われてしまう。
ガンダムのブロマイドとか、当たりだか集めて応募だかでもらえるパネルもいっぱい出してきて見せてくれたが、1枚8,000円相場は、ちょっと無理。すみ ません。無理でした。800円なら1枚くらい買うが、8,000円は厳しい。まんだらけの値付けと近いものがある。

結局、20円くじを数点お買い上げしてしまった。
なんにしても、また覗きに来たい店である。


<総評>

お気に入り度 ★★★★(すてき)
リピート度 ★★☆(商品入れ替えがあまり望めないだけに……、数ヶ月に一度、くらいか)

<購入物>
DSC04986.JPG


20円くじ引き物 2点 各1,000円

・ザブングルカード
・天界VS魔界 ドキドキマンシール(ビックリマンの亜流)


DSC04985.JPG


20円くじシール 各2,000円

・タッチ
・スーパーマリオ2




大きな地図で見る


↑このページのトップヘ